© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

Follow Us

〒753-0872 山口市小郡上郷流通センター西901-15 山一運輸興業㈱NCS(ニュー・コミュニティ・スタイル)事業部(ncs-yamaichi)

083-934-8153
  • simada3

雨ニモマケズ、風ニモマケズ。チャリ配は今日も行く。

スターティング:

こんにちは、チャリ配爺です。チャリ配ブログNo.3です。

今回は天気にまつわるエピソードです。

この時期旬の話題と言えば、やはり天気です。

屋外作業であるチャリ配では、暑い日、寒い日、風の強い日等色々あるけど、チャリ配の大敵と言えば、何といってもです。

普通、週5日のうち雨の日は1日程度です。 これが多くなるのが、ズバリ、梅雨です。

先週(7月2日~6日)は何と3日も雨に降られました。 しかも半端ない大雨です。

このうち1日は天敵、台風です。まさに1歩進んで2歩さがるって感じです。まだ7月初めですよ(泣)。

また、この3日うち1日はあの西日本大水害の日です。聞くだけで悪夢が蘇ってきます。

雨の日:

雨の日、チャリ配爺の気持ちは、とってもブルーです。 なぜって、濡れるからです。いえ、チャリ配爺はいいんです。合羽来てますから。それに普段里山歩きで雨には慣れていますから(ちょっと言い過ぎかも)。それでも頭と靴は濡れ放題ですが。レインキャップとかレインブーツとかあるけど、チャリ配作業には今一なんです。合羽は雨水は通しませんが、湿気がこもって、中はムンムンムレムレ状態。 まあ、ダイエットスーツにはなるかもね(苦笑)。

荷物に合羽は着せられず:


 問題は荷物です。写真のように荷物は防水性のカゴに入ってるけど、水滴が玉状になり、カゴにこびり付きます。荷物の出し入れの時、水滴がカゴので中に入ると水滴のまま残り、荷物を濡らします。これを防ぐため、荷物は小分けしてビニル袋に入れてカゴに入れます。 

それでもカゴからドアまでの間に多少濡れます。 こんな時は荷物さん、お客さん、ごめんなさい。荷物に合羽は着せられませんから。












伝票:

さらに問題なのが伝票です。 伝票は荷物にシールで付いていたり、別になっていた

りしますが、基本、紙です。紙は濡れると破れてしまいます。 伝票に受領の印・サインをもらいますが、滲んでうまくいかないことも多く、こんな時爺は悲しくなります。

紙は湿気を吸いやすいのでビニル袋に入れたり、ラップで巻いたりしますが、チャリ配は車と違って屋根が無いので(嫌ね)(おやじギャグです、すみません)、伝票が濡れやすいのです。 端末に受領を入力する時も濡れます(爺は動作が遅いので)。

なので雨の日のチャリ配爺の心はブルーなのです(泣)。


客の声:

ブルーな雨の日のチャリ配ですが、配達先の家の人の一声、「雨の中大変ですね、ご苦労様」。 この一声でチャリ配爺の顔も少しなごみます。地域住民の温かみを感じるひとときです。爺は気を取り直し、次の配達先に向けて雨の中に消えて行きます。こんな雨の日のチャリ配を見かけたら、少しだけ同情と励ましをしてやってね。

エンディング:

7月9日山口県では、チャリ配爺を悩ます梅雨もようやく明けました。 

これからは暑さ対策がポイントになる。

チャリ配爺のチャリ配中の天気にまつわるエピソードいかがでしたか?

天気にまつわるエピソードについては、また別の機会に発信しましょう。

次回もチャリ配中のエピソードをお楽しみに。

それから自宅にブログの印刷物が入っていたら、すぐに捨てないで見てくださいね。

では、次号まで、またね。

#宅配 #自転車宅配 #チャリ配 #雨

12回の閲覧